logo01

ナノシステム

抗酸化プラチナ化粧品シリーズ
ナノシステム®
Anti-Oxidant Platinum Cosmetics Series: NanoSystem™ Plus Line.

 

白金の防御効果

ナノシステムとは
プラチナのスーパー抗酸化力
アクアフルイドベース製法
TM

ナノシステムのコンセプト

プラチナを配合した理由

共同研究により検証された優れた効能

「プラチナの抗酸化力」
県立広島大学教授 博学博士 三羽 信比古

抗酸化プラチナ化粧品
「ナノシステム」の共同研究に関する文献

ナノシステムをお使いいただくユーザーの皆様へ

imag01

 

logo02  
白金の防御効果
 
過酸化水素(H2O2)による細胞死に対する白金の防御効果(染色後)
  県立広島大学 生命環境部(教授 三羽 信比古教授)
提供データ

  正常な肌細胞 001
紫外線と同等の酸化ストレス[過酸化水素(H2O2)]を照射した肌細胞 002

① 白金 無投与の細胞

ヒト皮膚角化細胞は酸化ストレス(H2O2)によって、細胞萎縮(Shrinkage)や、角張った変形(Deformation)が起こり、細胞死を受けた。

  003



② 白金投与 [濃度 Level.1]

  004



③ 白金投与 [濃度 Level.2]

  005

④ 白金投与 [濃度 Level.3]

ヒト皮膚角化細胞に対する酸化ストレス(H2O2)は白金コロイドの酸化還元力によって細胞死制御され、敷石状の健常な細胞形成を示した。

このページのTOPへ戻る

 

logo02  
ナノシステムとは
 
Point 1 ナノシステムは全製品にプラチナ(白金)コロイドを配合した抗酸化プラチナ化粧品です。プラチナは高濃度マイナスイオンを連続発生させ、強力な抗酸化力で様々な美容効果を発揮することが、県立広島大学(環境生命学部 細胞死制防研究室/三羽 信比古教授)との共同研究で検証されました。

プラチナの
スーパー抗酸化力

 

抗酸化プラチナ化粧品「ナノシステム」の効果効能について
抗酸化力   UVブロック効果

プラチナは11種類あると言われる全ての活性酸素を消去(無害化)します。
●強力な抗酸化物質として知られるビタミンE、C、CoQ10でさえも3~4種類の活性酸素しか消去することができません。

  紫外線により発生する活性酸素を中和し、細胞の損傷を防御します。これによりメラニンの生成を抑え、UVA/UVBをブロックする効果が認められました。
     
保湿・保水効果   美白効果
表皮の水分子と結合し肌の水分構造を整え水分の蒸発を防ぎます。また同時に保水力を高めます。   プラチナはメラニンを漂白してシミを薄くする効果があります。また、優れた殺菌・抗菌が認められています。
     
界面活性力の増幅   シワ・タルミの抑制と肌の弾力強化
プラチナが連続発生させるマイナスイオンは水と油を分離する界面活性力をもたらし、これによりメイクや脂汚れを浮き上がらせます。   繊維芽細胞と結合しコラーゲン生成を促します。これによりコラーゲンやエラスチン繊維を増殖し、肌を生き生きと再生します。
     
生活習慣病の抑制    
老化や酸化ストレスによる肌荒れ、紫外線による日焼け、また皮膚がんを予防します。   ※「11種類あると言われる全ての活性酸素」について詳しくは文献をご参照ください。
このページのTOPへ戻る

 

Point 2 肌に必要な成分だけを皮下に効率よく作用させ、不要な成分は一切浸透させない化粧品をつくるために考案された最新のナノテク処方をアクアフルイドベース製法TMといいます。
本シリーズのブランド名称は、このシンプルで効率的な処方をナノシステムと呼んだことに因みます。
アクア・フルイド・
ベース製法TM
  アクアフルイドベース 製法TM :(Aqua fluid based formulation)
肌に必要な有効成分だけをナノ化してベースとなる水溶液に配合し、さらにこれをゲル化にする処方で、化粧品製造における最新の製造方法です。
この製法を用いたナノシステム製品は、有効成分だけが肌に取り込まれ、不要なものは一切肌に浸透させません。これにより、約2nmサイズのプラチナと、ナノ化された有効成分だけが皮下に浸透し、効率の良い美容効果を実現しました。またプラチナとの相乗効果で、その他のナノ化した有効成分の働きを最大限にたかめる画期的な製法です。
このページのTOPへ戻る

 

logo02  
ナノシステムのコンセプト
 

<ナノシステムの開発ポイント>

ナノシステムは、
①年齢・肌質を問わず、どなたにも使いやすく安全で優れた効果を発揮します。
②パラベンフリー、オイルフリー、合成界面活性剤・有害添加物を使用しておりません。
③優良食品添加物として厚生労働省が認可し、安全なプラチナ(白金)を配合し、老化の原因(紫外線、環境汚染、酸化ストレスetc.)となる活性酸素を無害化(中和)します。

point
本シリーズは以上の3つのポイントに的を絞り製品開発を行っております。
このページのTOPへ戻る

 

logo02  
プラチナを配合した理由
 

ナノシステムシリーズは本来、ピーリングやフォトライトなど、ダメージの強いトリートメントを行う際に、肌の保護を目的として考案された化粧品です。ゆえに肌への安全性はもちろんのこと、あらゆるトリートメントに適応する柔軟性も兼ね備えています。

安全性を確保するだけならパワーを弱めれば解決します。しかし、これでは効果も半減します。そこで肌ダメージを軽減する有効成分を特定して化粧品に配合し、この成分を配合したクレンジング、洗顔料、整肌ローションをつくり、トリートメントの前後に使用して、安全面や効果の違いについて調べてみました。

その結果「抗酸化成分を特定成分とする化粧品をトリートメントの前に使用すると、術後の肌ダメージが軽減され肌も速やかに鎮静する」傾向が見られました。※2

この抗酸化成分こそプラチナ(白金)コロイド※3です。プラチナ(白金コロイド)は高濃度マイナスイオンを連続発生し、強い抗酸化力を発揮することで知られます。そして活性酸素から肌を守ることが科学的に証明されています。またプラチナ(白金)は厚生労働省が優良食品添加物として認可した極めて安全な成分です。このような理由から、ナノシステムはプラチナを不可欠な主要成分と位置づけ、シリーズ全製品に配合しています。

※1 化粧品(ナノシステムProfessional:クレンジングゲル、ウォッシングゲルフォーム、ローションアクア、
                     ゲルクリスタル、マッサージローション)
※2 術後、トラブルが発生した肌では著しい回復がみられました。
※3 本製品に配合したプラチナコロイドは高度に精製された医薬品レベルのナノ化された原料を使用しております。
   (配合したNanoSystemプラチナコロイドの名称:NS白金Gコロイド、NS白金Jコロイド、NS白金Sコロイド)

このページのTOPへ戻る

 

logo02  
県立広島大学との共同研究で検証された優れた効能
 

ナノシステムは
県立広島大学 生命環境学部との共同研究によって
その優れた効能が科学的に検証されています。

ナノシステムは株式会社アプルスJAPANと県立広島大学との共同研究により開発された最新の抗酸化プラチナ化粧品シリーズです。ナノシステムを開発する上で最も重要な課題となった点は、化粧品に配合したプラチナがいかに活性酸素を消去し、肌にどの程度有益であるかを学術的に解明することでした。

特筆すべき点は、プラチナの抗酸化力とその他の有効成分との相乗効果が同時に検証できたことです。これにより安全性が明確に示され、肌への有効性が見事に証明されました。こうしてどなたにも安心してお使いいただける最新の抗酸化プラチナ化粧品ナノシステムが誕生しました。

【 共同研究者 】
1.株式会社アプルスJAPAN
2.県立広島大学 生命環境学部 生命科学科 細胞死制御工学研究室
  (薬学博士 三羽 信比古 教授)

  imag02
このページのTOPへ戻る

 

logo02  
プラチナの抗酸化力
 
肌トラブル元凶の活性酸素を消去する
プラチナの抗酸化力
シミ・メラニン過多・日焼け・ソバカスに共通した“元凶”は、老化した肌で特に増えやすい“活性酸素”です。
このため活性酸素の消去は、肌トラブルの対症療法でなく、根本的に防御する“本質的スキンケア”に該当します。
実際に皮膚組織サンプルを用いた実験で、プラチナの著明な抗酸化力によって、皮膚内部の活性酸素が消去され、その結果、優れた美白効果をもたらす“本物志向”であることが、科学的に検証されました。
  Dr
              県立広島大学 教授 三羽 信比古   〈県立広島大学〉
三羽 信比古 教授
 

県立広島大学 三羽 信比古 教授 が執筆した主な著書など

白金ナノコロイド及びフラーレン研究の第一人者で国際的権威として知られ、数多くの研究論文を学会で発表。
代表的な著書に「細胞死の生物学」東京書籍、「ビタミンC の知られざる働き」丸善、「美肌・皮膚防護とバイオ技術——バイオ化粧品・美肌健康食品・ハイテク美肌機器の最新動向」CMC 出版、「バイオ抗酸化剤プロビタミンC 〜皮膚傷害ガン 老化の防御と実用化研究〜」フレグランス ジャーナル社、など研究論文をまとめた著書が多数ある。

 
※抗酸化力を検証する科学的手法のうち、DPPHラジカル測定法は権威ある手法です。この方法で、白金ナノコロイドが抗酸化力を発揮することを県立広島大学・細胞死制御工学研究室(三羽 信比古 教授)で検証されました。
※(白金)は厚生労働省が認可した食品添加物であり安全性が裏付けられています。極度の敏感肌や金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
このページのTOPへ戻る

 

logo02  
抗酸化プラチナ化粧品「ナノシステム」の共同研究に関する文献
 
マイナスイオン

性質
<プラチナの主な効能>
1. 高濃度マイナスイオンで活性酸素を無害化し細胞の損傷を防ぐ
2. 表皮に-40m/V の電荷が生じイオン導入効果が働く
3. 水の分子と結合し表皮に保水力をもたらす
4. シワ・シミ・セルライト(皮膚表面凸凹脂肪塊)の防御と美肌効果
5. 癌・老化・生活習慣病の防御、等
   
プラチナの
電気的な性質
白金はナノ単位まで微粒子化するとマイナス電荷を帯び、プラスの電荷をもつ活性酸素と結合して中和(活性酸素を消去)します。さらに角層の水分と結合し表皮の保水力を高めます。
   
プラチナの
抗酸化作用
活性酸素を消去する物質を抗酸化剤と呼び、その働きを抗酸化作用といいます。活性酸素は全部で11種類あるといわれますが、ビタミンC やビタミンE、コエンザイムQ10など、従来の抗酸化剤は特定の活性酸素しか消去できません。しかしプラチナはすべての種類の活性酸素を消去することができます。
   
ナノ化された
プラチナの
有効性
ヒトの細胞は大まかに10,000〜20,000nm(ナノメートル)のサイズです。2nm の白金ナノコロイドは、その数千倍のサイズの細胞にとって、エンドサイトーシスという機構で細胞内取込みを受けやすいサイズです。また細胞と細胞の隙間は50nm 程度と考えられ、角質から浸透した白金ナノコロイドが細胞間をすり抜けるのに容易な極小サイズと言えます。なお重金属と異なり、白金は数日で体外に排出されます。よって白金ナノコロイドの守備範囲は、細胞内部や血液中であると考えられます。
  ※ナノシステムは、株式会社アプルスJAPANと県立広島大学 生命環境学部 生命科学科細胞死制御工学 研究室(三羽 信比古 教授)との共同研究により開発されたドクターズ化粧品で、最新のダーマトロジー理論に基づく抗酸化プラチナ化粧品シリーズです。
※抗酸化力を検証する科学的手法のうち、DPPH ラジカル測定法は権威ある手法です。この方法で、白金ナノコロイドが抗酸化力を発揮することを県立広島大学・細胞死制御工学研究室(三羽 信比古 教授)で検証されました。
※(白金)は厚生労働省が認可した優良食品添加物であり安全性が裏付けられています。極度の敏感肌や金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
このページのTOPへ戻る

 

logo02  
ナノシステム製品をお使いのユーザー様へ
 
いつもナノシステム製品をご愛用くださいまして誠にありがとうございます。
本シリーズ製品のご使用に際し、下記の点にご留意くださいますようお願い申し上げます。
1) ナノシステム製品は正規販売店でお求めください。出所が不明な製品は管理・衛生面で様々な問題が危惧され品質に支障を来す恐れがあります。このような理由から、これらの製品はメーカー保証対象から除外しておりますので、あらかじめご了承くださいますようお願いします。
2) 上記の場合を除き、万一製品に瑕疵または異常が見つかりました折りはお手数ですが、お早目にお買いお求めの販売店・代理店までお持ちください。ご購入日より8日を過ぎますと返品交換の対象にならない場合がございますのでご留意ください。



これからもナノシステム製品を末長くご愛用いただき、健やかな毎日をお過ごしくださいますことを願っております。

                         製造販売元 株式会社アプルスJAPAN

このページのTOPへ戻る