注)「成分名」は一般的な呼称を示し、「表示名称」とは法的に規定された化粧品成分の正式名称を指します。
化粧品の箱や容器に表示する全成分は、全てこの表示名称で記するよう法律で定められています。

EGF
コエンザイムQ10
VC-Flavonoid
プラチナ

EFG

ヒトオリゴペプチド-1

EGF(=human epidermal growth factor:上皮細胞増殖因子;ヒトオリゴペプチド-1[略]=hEGF)
EGFはアミノ酸から成るタンパク質の一種で皮膚の上皮に新しい細胞を増殖します。1986年、スタンレー・コーエン博士はこのEGFを発見しノーベル賞を受賞しました。主に血管の修復、血流促進、コラーゲン生成を促すこと等が解っており、医療では皮膚移植や角膜切開など手術後の傷の回復を促すために使用されています。

<主な効能>
1. EGFは血管を修復して血流を促します。コラーゲンの蓄積能力を高める
2. 細胞組織を活性化してシミをなくし、色素の沈着を予防し、皮膚の弾性を高める
3. 皮膚を修復し、紫外線などの有害物質から皮膚を守る
4. 皮膚の上皮細胞の新陳代謝を促進し、消炎、鎮静作用があり、皮膚の老化を防止する
5. ニキビ・ふきでもの防止をある程度防止する
6. h-EGFの新陳代謝・活性化作用によりしみ、ソバカスも淡くなる
7. RNA・DNAと蛋白質の合成を促進する
ページのTOPへ

コエンザイムQ10

ユビキノン

CoQ10(=コエンザイムQ10:ユビキノン)
コエンザイムQ10は細胞のミトコンドリアの中に存在するオレンジ色の物質で、1957年、米国ウィスコンシン大学クレーン博士によって発見されました。アミノ酸などをエネルギーに変換する役割と紫外線による活性酸素から肌を守る働きがあるとされ、皮膚に塗布するとシワ・シミなど老化の改善効果も確認されています。また細胞膜を過酸化状態から守り、細胞の活動を安定させます。これは血液や細胞の流れの活性化を促し、新陳代謝を活発にし、体脂肪消費や若返りに大きな力を発揮します。

<主な効能>
1. 活性酸素による酸化から細胞を守る
2. 細胞脂質の酸化を最も防止するビタミンEの働きを助ける
3. 紫外線による活性酸素のダメージから守り新陳代謝を促し肌の衰えを改善する
4. シワ・たるみを改善効果する
5. 血流を促しむくみをとる
ページのTOPへ

VC-Flavonoid

ビタミンC誘導体・甘草フラボノイド

VC‐Flavonoid(VC‐フラボノイド)はビタミンC誘導体と甘草フラボノイドによる相乗効果で、日やけによるシミ・ソバカス・シワを防ぎます。

<主な効能>
1. 活性酸素を無害化し細胞の損傷を防ぐ
2. 抗菌・殺菌作用にすぐれ肌荒れやニキビを防ぐ
3. 新陳代謝・活性化作用によりシミ、ソバカスを薄くするなど美白作用がある
4. コラーゲンの生成を促す
ページのTOPへ
INCI  PLATINUM POWDER

プラチナは森林浴よりも遥かに高濃度なマイナスイオンを連続発生します。このマイナスイオンには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を10万分の1秒という驚異的な速さで消去します。またプラチナそのものは酸化しないため半永久的にこの効果は持続します。
現在、活性酸素は全部で11種類あることが分かっていますが、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10など、これら強力な抗酸化成分でさえも2~3種類の活性酸素しか消去することができません。しかしプラチナは11種ある全ての活性酸素を消去することができるスーパー抗酸化剤なのです。

 

[参考] プラチナは厚生労働省が食品添加物として正式に認可した優れた抗酸化剤としても知られます。

<主な効能>
1. 抗酸化力:プラチナは11種類あると言われる全ての活性酸素を消去(無害化)する
  ※強力な抗酸化物質として知られるビタミンE、C、Co-Q10でさえも3~4種類の活性酸素しか消去することができない
2.UVブロック効果:紫外線により発生する活性酸素を消去し細胞の損傷を防御する。これによりUV/AとUV/Bをブロックする効果が認められた
3.保湿・保水効果:表皮の水分子と結合し肌の水分構造を整え水分の蒸発を防止。また同時に保水力を高める
4.美白効果:メラニンを漂白してシミを薄くする効果がある
5.界面活性力の増幅:水と油を分離する界面活性力に優れ、メイクや脂汚れを浮き上がらせる
6.シワ・タルミの抑制と肌の弾力強化:繊維芽細胞と結合しコラーゲン生成のを高める。これによりコラーゲンやエラスチン繊維を増殖して肌を生き生きと再生する
7.老化や酸化ストレスによる肌荒れ、紫外線による日焼けを予防する
ページのTOPへ